Suyeong Folklore Conservation Association home korea english chiness
Suyeong Folklore Conservation Association
水營野遊
左水営漁坊遊び
水営農庁遊び
 
水營野遊 Home > 水營野遊 > 構成と内容  
  の由来 構成と内容
水營野遊は前編,後編に分れており、前編はパレードと群舞、後編は四科場の假面劇です。
準備過程
 
地神バッキ(地神踏み)を行いながら浄財による行事経費を募り、諸般準 備が整うと、新年における村の安寧や生業の豊穣を祈願し、野遊びの 無事進行を祈って小正月の昼に水営守護神、慶尙左道水軍節度使營 を守るドツ神(纛神)とウォンスジョン(遠水井)に祭祀を挙げ、崔瑩將軍の 墓祭りをします。
 
ギルノリ(パレード)
 
水営城の広場に小正月の満月が昇る頃合に提灯行列を先頭に囃し衆、 パレード楽隊、八仙女、獅子または輿に乗った首両班、ナンボンガ連、 ヤンサンド連など数多い遊び集団が仮装、歌舞、提灯行列の華麗な行 列を成して、村の井戸から約1キロ程の遊び広場まで1時間~1時間半か けてパレードを披露すれば、村人や近くの住民が総出で拍手と歓声を挙 げて迎えます。
 
広場での踊り(仮面踊り)
 
パレードと群舞が終り広場に集った群衆が各自の隠し芸を3~4時間演じ れば満月が中天に至り皓々と広場を照らすと首両班(上位両班)の登 場とともに仮面劇が始まります。仮面劇は四科場(四幕)に構成されていま す。
 
第1科場  ヤンバン(両班)科場
 
下男マルトゥギが諧謔的な風刺と辛辣な毒舌で両班社会の二面性を暴 露し、両班階級の無能と虚勢を嘲けて階級打破・人権解放を叫ぶマル トゥギと首両班の対談と共に仮面踊りが行われる科場です。マルトゥギと 五名の両班が登場します。
 
第2科場  ヨンノ(営奴)科場
 
首両班が心配顔で広場を徘徊している時、天から降りてきたと云うヨンノ が黒い頭巾を被って「ビビ、ビビ」と叫びながら登場します。半人半獸の 怪物ヨンノが両班を苛め廻して最後には食べてしまいます。
 
第3科場  ハルミ・ヨンガム(婆・爺)科場
 
ヨンガムとその本妻のハルミ、妾のジェデガッシの三角関係から派生する 愛情の葛藤と家庭生活の困窮相を現す内容です。結局ヨンガムは自宅 に戻り、ジェデガッシは家を出て行き、ハルミはヨンガムに殴り殺されま す。
 
第4科場  サジャム(獅子舞)科場
 
獅子と虎が争い結局虎が獅子に食べられてしまう無言劇(パントマイム) で、これは水営地方の白山の地勢に縁由する科場です。巨大な体の獅 子が登場して踊っている時、虎(ダムボ)が現れて獅子と虎が巫山戯遊ん でるうちに獅子は虎を食べてしまいます。これは辟邪秦鏡の儀式舞であろ うと思われます。サジャムを最後に水営野遊はエピローグを迎え仮面は全 て焼却して観衆は解散します。
 
 
Address: #43 Suyeongseongno(#229-1 Suyeong-dong), Suyeong-gu, Busan Tel: 82-(0)51-752-2947, Fax: 82-(0)51-754-5541